2019年3月15日金曜日

第一生命財団 NEWS

国土交通大臣賞
社会福祉法人みらい
みらいおもいけ園グリーンガーデンプラン   兵庫県神戸市

地域との交流の場を目指す、やさしい・くだもの畑
2017年、神戸市立の知的障害者施設の民間移管を受け、生活介護事業所と就労
継続支援B型の多機能方障害者サービス事業所としてリニューアルオープン
した「みらいおもいけ園」。運営する社会福祉法人みらいでは、移管を受けて施設も新築。現在、交流スペースとして利用している日当たりのよい部屋を、今後、カフェにすることを構想している。  紙面抜粋

環境再生保全機構 NEWS

環境保全活動の現場に 来たれ! 若者たち

近ごろ環境保全活動の現場で「若者が少ない」「後継者がいない」などの声がよく
聞かれます。

「オンラインを活用してメンバーの情報共有を図る」
私たちの団体「エゾロック」は、10代~30代の若者がちゅしんの環境NPO
です。会員数300人メンバーの意思疎通はオンライン上のコミニュティーで
図っています。SNSは伝言や情報交換に役立てています。
「リーダー性を求め過ぎず多様性を求める」

「もっと若者と対話して共感を得ることが大切」

東京ボランティア市民活動センターNEWS

《特集》  地域にひらく空き家と住まい
多くの地域では、空き家が増加している。家屋倒壊の危険性や、衛星・景観・治安上
などの課題は多いが、勝手に解体したり活用することはできず、放置されていることも珍しくない。また自宅を何かに活かしてもらいたいと考えている独り暮らしのお年寄りなどもいる。
まだまだ多くはないが、空き家や住まいを「地域の資源」として活用しようと取り組んむ市民たちは増えてきた。今号では、そうした市民たちの活動事例を紹介し、空き家・住まい活用のさらなる可能性を考えたい。  

埼玉北部地域福祉事業所 NEWS

同深谷とうふ工房では 桜まつりを 4月9日(火) 10:00~15:00
場所:東方店   深谷市東方4294-6

桜まつりでは、とうふスイーツ、手作りパン、卯の花まんじゅうといったこの
日限定の商品を販売します。

とちぎ市民活動センター NEWS

第284回 2月9日(土)「坂田中のコレクション談義05 書を味わう」
くららがギャラリーになるひととき、今回は様々な「書」が並びました。まず古道具
店主坂田和實さんが「書」について書いた文章を読んで、「書」に対する先入観を
取り払うところから始まりました。などエピソードを聞き、また違った味わいがありました。  以上抜粋

2019年3月8日金曜日

Filhos 2019年3月 №75

Filhos 2019年3月号

小山市国際交流協会 外国人地域支援センター 外国人ふれあい子育てサロン様より当館に、資料「Filhos3月号」が届きました。
内容を見てみますと、活動や団体のいまの様子を伝える記事が書かれています。
当該資料は、多目的会議室内の「公共施設からの情報」ラックに置いておりますので、ぜひ手に取ってご覧ください。

女性の生き方※なんでも相談

女性の生き方※なんでも相談

小山市男女共同参画課では、下記の相談日に、「女性の生き方※なんでも相談」を実施します。女性の生き方や悩み、家庭や仕事の問題などについて、女性の弁護士が対応する
法律相談です。
詳細は下記の通りとなっています。

女性の生き方※なんでも相談
対象者:小山市在住の方(女性限定)
相談日:2019年 4月26日、 5月24日
          6月28日、 7月26日
          8月23日、 9月27日
         10月25日、11月22日
         12月20日
    2020年 1月24日、 2月28日
          3月27日
     いずれも金曜日です。
相談時間:午前10時から12時(1人20分)
場所:小山市男女共同参画センター
申込先:小山市男女共同参画課
    0285-22-8087

チラシは、当館に置いておりますので、ぜひ手に取ってご覧ください。

2019年3月7日木曜日

谷中村の遺跡を守る会

NHKプロデューサー
塩田 純 講演会
4月13日(土)午後1時半~午後4時
栃木市国府公民館(午後1時開場)
日本国憲法は
こうして生まれた
~自由民権から新憲法へ~

おやま社協だより2019.3月号No.196

共に生きるまちづくりフォーラム
~第5回 小山市社会福祉大会~
平成31年3月10日(日)
小山市立文化センター小ホール
第1部 式典(13時~)
第2部 障がい者施設活動発表(13時40分~)
第3部 福祉講演会(14時15分~)
◎講話「農福連携事業への期待」
農福連携とは?
農業×福祉=地域農業の活性化と障がい者、元気な高齢者の
雇用創出で地域の明るい未来へつなげる取組みです!





2019年3月6日水曜日

3月11日(月)に「みんなで一緒にいきいき百歳体操をはじめよう!」

この機会に百歳体操をみんなと一緒に覚えて、いくつになっても元気な小山市を目指しましょう!

小山市地域包括ケア推進課では、3月11日(月)に、催事「みんなで一緒にいきいき百歳体操をはじめよう!!」を、小山市健康医療介護総合支援センターにて行います。
日時は1時30分~3時15分

持ち物は、動きやすい服装、飲み物、室内用運動靴となっています。

みんなで一緒にいきいき百歳体操をはじめよう!!
日時:3月11日(月)
   1時30分~3時15分
場所:小山市健康医療介護総合支援センター
内容:
第1部 活動状況の紹介とこれから
第2部 実際に百歳体操を体験してみよう!
第3部 小山市での百歳体操の取り組み、支援制度等の紹介

参加費 入場無料
お問合せ 0285-22-9616
申込み  お電話で「名前」「電話番号」「住所」をお知らせください。

主催:小山市地域包括ケア推進課

チラシは、当館の当館ロビーの「市役所・センターからの情報」ラックに置いておりますので、ぜひ手に取ってご覧ください。

2019年3月5日火曜日

小山市男女共同参画課からのお知らせ

女性のための心の相談 
女性を対象にした、女性カウンセラーによる思春期、子育て、仕事、人間関係に関する悩み、更年期、熟年期、老年期の心の健康に関する相談です。

広報小山2019.3月号

祝 内閣総理大臣賞
2019年度使用交通安全年間スローガン
豊田北小3年 荒川 愛梨さん
とび出さない
   いったんとまって
        みぎひだり


2019年度、白鷗大学市民開放講座のご案内

2019年度、白鷗大学市民開放講座のご案内が届きました。

85の授業を開放します!大学で学ぶ喜びをあなたに…
白鷗大学と小山市教育委員会が協力して、
市民のみなさまに大学の授業を開放します。

詳しくはこちらをご覧ください。

おはなしボランティア養成講座 2019

子どもたちに、おはなしや絵本の楽しさを伝える
「おはなしボランティア」を養成する連続講座です。
ストーリーテリング(素話)を中心に学びます。
素話(すばなし)とは?
おはなし(昔話や物語など)を覚えて語ること

みぶりんだより2019年3月号

「壬力UPボランティア活動支援事業補助金」募集案内
~「壬力UPボランティア活動支援事業」で皆様の活動を支援します~

2019年3月3日日曜日

子どもに読書のよろこびを

2019 栃木子どもの本連続講座
会場 栃木県教育会館 5階小ホール
〒320-0066 宇都宮市駒生1-1-6
TEL028-621-7177
子供の本に興味があり、基本として4回連続受講できる方
(お子様連れの参加はご遠慮ください)

TIA携帯情報サービス

公益財団法人栃木県国際交流協会
〒320-0033 宇都宮市本町9-14 とちぎ国際交流センター内
028-621-0777


2019年3月2日土曜日

月刊おりっぷ3月号

小山市指定無形民俗文化財「篠塚初午祭」
飾り馬に無病息災と豊作の願いを乗せて
篠塚初午祭
開催日
2019年3月10日(日)
飾り馬/10:30頃
場所
              篠塚稲荷神社(小山市大本615)

チャンネルガイド3月号

春休み見どころ満開!!
最新映画情報
バンブルビー
2019年3月22日(金)より全国ロードショー
かわいすぎる黄色いアイツ×シリーズ初のヒロインで贈る青春アクション
「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクター、バンブルビーの謎に迫る最新作。





2019年2月25日月曜日

支えあうまちづくり、アンケート報告会


昨年実施しました。アンケート6495世帯を対象にした社会福祉に関する調査が、このたびまとまりました。お答えいただいた方々や市民のみなさんに、その結果をお知らせする報告会を実施します。
この調査は、宇都宮大学と宇都宮氏の清原地区社協、清原地区自治会連合会が協力して実施されました。

日時 :3月3日(日曜日)
    13:30~15:30
場所 :清原地区市民センター 1階ホール
問合せ:028-667-8222
   (地域包括支援センター清原)

主催 :宇都宮市清原地区第2層協議会
後援 :宇都宮市、宇都宮市社会福祉協議会、下野新聞
協力 :宇都宮大学地域デザインセンター、
    清原地区自治会連合会、清原地区社会福祉協議会

◆◆◆ おやま〜るより ◆◆◆
第2層、とは中学校区を単位とする社会福祉に関わるサービス環境を示す階層表現で、上位の第1層には自治体(市町村)が、下位の第3層には介護や支援を必要とする個人の方が位置付けられています。
この調査は、地区第2層協議会が主催、ということで、エリアごとの福祉水準をどうするか、サービスの需給関係をどうするか、といった内容が期待できるのではないでしょうか。

壬生町町民活動支援センター NEWS

壬生町の市民活動支援施設「みぶりん」が発行する「みぶりんだより」、今月も届きました。
センターに置いてありますので、ぜひご覧ください。

■ピックアップ記事1 
2月24日 みぶりん5周年金、第10回みぶりん活動発表会
場所 :壬生町保健福祉センター
テーマ:中高校生の地域活動と、学校・地域の連携、協働

■ピックアップ記事2 太極拳を体験してみませんか!どなたでもお気軽にご参加ください。
3月9日、16日、30日です。
場所:壬生町保険福祉センター 2F ボランティア室
問合せ:太極拳唯心会 大根田 享 携帯:090-2201-3779

■ピックアップ記事3
蕎麦打ち実演 蕎麦の会「みかど」
特養ホームや地域の自治会の催しに出張して、相手の方々を楽しませているご様子が楽しい写真とともに書かれて居ます。

助成金)栃木県文化振興基金助成事業

県民の皆さんの、文化・芸術活動、伝統文化継承事業を応援します!
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/education/bunka/geijyutsu/kikinjyosei.html

栃木県では、県内の文化芸術団体が行う多彩な文化活動、文化活動の担い手育成、地域伝統文化継承活動を支援するため、「栃木県文化振興基金」を設置し、この基金による活動助成を実施しています。

詳細については、栃木県県民文化課(028-623-2153)または栃木県文化財課(028-623-3424)までお問い合わせください。

締切り 3月29日(金)当日消印有効

助成事業を実際に実行する期間:交付決定日から3月31日まで、


問合せ・書類提出先:

文化活動助成事業
⇒ 県民生活部県民文化課
〒230-8501 宇都宮市塙田1-1-20
電話  028-623-3424 FAX:028-623-2121
メール bunkashinko@pref.tochigi.lg.jp

地域伝統文化継承事業
⇒ 各市町文化財団関係担当課
電話  028-623-3424 FAX:028-623-3426
メール bunkazai@pref.tochigi.lg.jp

助成金)全日本社会貢献団体機構「特別助成」のお知らせ

当機構は、社会貢献事業を長年実施している全日遊連の加盟組合と趣旨に賛同頂く企業・団体の協力で、全国的な枠組みと世界的視野に立つ社会貢献事業の普及・促進・助成・広報活動を推進し独自の社会貢献事業を実施しています。

「2019年度 特別助成」
今日の社会に最も必要とされる研究や事業に助成する活動は、当機構の設立趣旨の根幹であり、中心的な事業です。

結城市民活動センタ^NEWS

市民活動センターでは 白鴎大学の結城教授を招き、「みんなの力で町が輝く」!
協働のまちづくり市民活動報告・市民講座を行います。

日時:3月17日(日) 受付13:00~  開場:情報センター 
3階多目的ホール  内容:1部・市民活動報告会 15:00~2部・市民講座
(パネルトーク)  14団体のみなさんが発表します。

ワーカーズコープ NEWS

名古屋市 河村市長に協力要請!
一般社団法人日本社会連帯機構は 東北震災復興支援の一環で取組んでいる
被災地の「地酒」に注目 河村たかし市長と会談し、飲み比べや、地域風土を
考察するシンポジュムなどを開き、復興支援に役立ててきました。

とちぎミュジカル協会 NEWS

第13回 ミュージカルフェステバル in 鹿沼 
日時:4月21日(日)  開演13:30 (開場13:00)
入場料:2000円(全席自由席)
会場:鹿沼市民文化センター大ホール 鹿沼市坂田山2-17 
出演団体:①こどもミュジカルどりーみんぐ ②劇団36計 ③こどもミュジカル
ひなたぼっこ 休憩 ④ラッシュMusical ⑤K&Kミュジカル・ワークショップ
受講生 ⑥フィナーレ
   問合せ:とちぎミュジカル協会 電話:028-645-6449 各出演団体

2019年2月22日金曜日

大人の輝く明日を応援 ゴールデンライフ 3月号

ゴールデンライフ 3月号
今月の輝く人
ダンカンさん
トピックス
・肌の老化は春に進む!?
      春肌ケアの新常識
・速足で死亡率が下がるって本当!?「健康寿命をのばす「運動」」
・【新連載】精神科医が教える「がんばらない老後」のすすめ
・四季に彩られて 心を充たす旅「千葉県 南房総・館山」

もっと詳しくご覧になりたい方はコチラもご参照ください。

2019年2月20日水曜日

小山 広報 public relations NEWS

大きく羽ばたけ!小山の新成人!
 新成人が生まれたころの出来事
 小山市では
  国史跡乙女不動瓦窯跡の整備事業が修了し、「乙女かわらの里公園」開園
 国内外では
  明石海峡大橋開通

のぎ町 きらり館 NEWS

ボランティア登録更新手続きについて

重要:きらり館のボランティア登録は2年に1度、更新して頂くことになっています。
  ☆更新対象となる登録団体・個人
  ・平成29年4月~平成30年3月31日までに新規登録された方。
  ・平成29年3月31日までに更新された方。
  ☆提出書類
  ・野木町ぼらんてぃああ支援センター登録更新書
  ☆提出期限
  ・3月15日(金)までに持参またはFAXでの返答

  ※自動更新とはなりませんので書類の提出にご協力ください。
 

栃木県社会福祉協議会 NEWS

30年度ボランティア活動リーダー養成研修会(企業編)
1・目的:今日の企業は社会的責任に取り組んでおられるところ、その中で、「寄付」
により、ビジネスと社会貢献活動を両立させ、企業と社会福祉団体が一諸に社会をよくしていく、活動が、全国にひろがっています。
県内企業の社会貢献活動の活性化を図り、もって地域の課題解決につなげることを目的
として、本研修会を開催します。
2・主催:県社会福祉協議会  栃木県ボランティア活動振興課センター
3・後援(予定)一般社団法人栃木県経営者協会
4・日時:3月1日(金) 13時30分~16時
5・会場:とちぎ福祉プラザ 2階 第2研修室(宇都宮市若草1-10-6)
6・大正定員参加費:企業(経済団体ご担当者、中間支援施設職員、社会福協議会員
  その他企業の社会公園活動に関心のある方等/無料
7・参加申込諸にご記入の上FAXにて2月25日(月)までに
  問合せ:028-622-0525  FAX・028-621-5298 

ナルク小山 NEWS

~たんぽぽ通信~
立春も過ぎ陽ざしも日ごとに力強さを増してきました。
皆様お変わりありませんか。

ふくしま県避難支援 NEWS

避難指示区域の復興
知事:内堀 雅雄  知事からのメセージ
県内外に避難されている皆様に心からお見舞い申し上げます。
震災から8度目の新たな年を迎えました。県民の皆様の懸命なご努力と国内外
からの温かいご支援により、昨年は避難指示が解除された地域における小中
学校の再開を始め、ふたば医療センター付属病院の開院、商業施設の開業、広域
バスの運行開始など、元の生活を取り戻すための環境の整備が進みました。
                一部抜粋

2019年2月17日日曜日

トヨタ財団 広報誌 No29

特集:活躍する「若い力」
課題解決の方法は大事、おもしろいことをやっていく ・・「田中 惇敏」
ー気仙沼で事業をーされていますが、なぜ今の事業を始められたのか、なぜその事業内容にしようとおもったのでしょうか。  以上抜粋

小山市生涯学習課 NEWS

白鴎大学市民開放講座 前期・4月開講
・教養科目  ・経営学部関連科目  ・法学部関連科目  ・教育学部関連科目
日程:4月8日(月)~7月26日(金)※5月11日は月曜日の事業を実施します。
受講料:週1回講義科目  半期1科目あたり1万円 週2回講義科目 半期1科目
あたり2万円対象/市内在住・通勤・通学者 定員/各科目5名
申込:2月28日(木)~3月8日(金)必着 電話・FAX・ハガキまたは直接
窓口でお申込下さい。 住所・氏名・年齢・を明記してください。
申し込み先問合せ:生涯学習課〒323-8686小山市中央町1-1-1
電話:0285-22-9665 FAX:0285-22-9696   以上抜粋

おやま社会福祉協議会NEWS

第5回小山市社会福祉大会
日時:3月10日(日) 開場12時 開始13時
第1部式典 社会福祉功労者表彰  第2部障がい者施設活動発表
第3部 社会福祉講演会「講話」(炭谷 茂氏)
            入場:無料 開場小山市立文化センター小ホール

藤沢市市民活動推進センター 情報誌

*公開プレゼンテーション(申込不要)
日時:2月23日(土)13時30分~16時45分※終了時間は多少前後します。
会場:藤沢市役所本庁舎 5階 5-1会議室
問合せ:市民自治推進課 電話:0466-50-3516  FAX:0466-50-8407

詳細は藤沢市のホームページから「公益的市民活動助成事業」と検索してください

とちぎ市民活動推進センターくらら NEWS

第13回くららフエスタ開催

見る  聞く  買う・食べる  体験
日時:3月17日(日)  時間:10:00~15:00
         会場とちぎ市民活動推進センターくらら

第31回NHK厚生文化事業団 NEWS

わかば基金 2019年募集

支援基金部門   リサイクルパソコン部門   災害復興支援部門
これまでに、748グループに「支援金」や「リサイクルパソコン」を贈呈しています

申込問い合わせは 社会福祉法人NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1 電話:03-3476-5955 平日10~18時
   mail:info2@npwo.or.jp




国際交流協会 NEWS Informacion  

Febrero 2019   Proporcionar de Oyama

 Consultas del mes
    No se preocupe solo,haga una consulta. Mantenemos el secreto y la consulta es gratuita.

栃木県社協NEWS

30年度 福祉教育推進リーダー養成研修会  開催のお知らせ

日時:3月7日   (木)  12時50分~16時30分
場所:パルティとちぎ男女参画センター研修室201 宇都宮市野沢町4-1
主催:とちぎ福祉教育研究会、社会福祉法人栃木県社会福祉協会
対象者:社協職員、市民活動支援センター職員、福祉教育関係者、地域で活動
    興味のある方   30名程度

時間帯:12:30~      受付開始
    12:50^13:00 オリエンティション
    13:00~16:30 講演「精神障害の理解を育むための福祉教育について
                グループワーク
参加料:無料
申込 :3月1日(金)までに必要事項を記入し申込書を下記あてFAXでお願い
    します。
問合せ:栃木県社会福祉協議会 地域福祉・ボランティア課 寺澤宛
電話 :028-622-0525  FAX:028-621-5298

2019年2月16日土曜日

小山市男女共同参画課NEWS

①なぜ、女性活躍に取り組む必要があるの?

②女性活躍をどうやって進めたらいいの?

③-1小山市の女性活躍に関する取組
③-2小山市の女性活躍に関する取組

④助成金・支援制度

問合せ:小山市総務部男女参画課  電話:0285-22-8078

とちぎ県ボランティア活動振興センター

社会福祉法人栃木県社会福祉協議会 から30年度ボランティアコーディネーションセミナーの開催についてお知らせ。

日時:3月8日(金)10:25~16:00
会場:とちぎ福祉プラザ 3階 福祉研修室(宇都宮市若草1-10-6)
対象者:
市町社会福祉協議会のボランティア推進担当者、ボランティア受入担当者
市民活動センター等中間支援施設職員、NPO・ボランティア団体スタッフ
参加費  無料
内容:
10:25オリエンティション
10:30~12:00 「ボランティアコーディネーションの基本」
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 講義・演習「より良いボランティアマネージメントについて」
申込:問合せ3月1日(金)までに別紙申込書を下記連絡先まで送付(FAX可)
連絡先:電話028-622-0525 FAX028-621-5298 mail:satos@tochigikenshakyo.jp


2019年1月29日火曜日

日本NPOセンター情報

日本NPOセンター中期ビジョン2018~2022 目指す社会とそのために必要なこと
価値創出の推進役へ 今後5年間の取り組みの主眼を「価値創出の推進役へ」
と名付けます。NPOが行う社会課題の解決に向けた活動によって、価値が継続的に生み出すされていることを これまで以上に意識し、その意義を伝えていきます。

地域を笑顔に、楽しくつながる

ボランティア・ペタンク・トレーニング入門
生き生き好齢者『生涯現役』応援セミナー《地域デビューの心掛け編》

私たちが暮らす地域社会への理解を深め、またフランス生まれのニュースポーツ:ペタンクを体験。さらにシニア世代に関心の高い「日頃の身体のケア入門」として、人にも勧められるトレーニング方法を学びます。
基本的な知識や技術を身につけ、続けたい方には”その先"ご案内!

2月13・20・27日(毎回水曜日)10:00~12:00
会場13・27日:保険福祉センター 20日:健康医療介護支援センター

対象・定員 生涯現役活動に関心のある概ね60歳以上のみなさん・20人程度
申込方法2月1日以降(但し平日8:30~17:00)に参加料100円(スポーツ障害保険料)を添えて小山市地域包括ケア推進課へ申し込む*電話等でも受け付けますが、参加料の納入をもって正式申込となります。

とちぎサイエンスらいおん NEWS

第7回 公開シンポジウム  「スポーツの化学」
2019年2月9日(土) 入場無料  14:00開演(13:30開場)
帝京大学宇都宮キャンパス地域経済学科棟大講義室
事前申込・お問合せは、Webサイト・メール・FAXにて
帝京大学宇都宮キャンパス内「とちぎサイエンスらいおん事務局」

NEWS 最新版 小山地域みっちゃく生活情報誌

地域の情報では麺気分こだわりを味わう個性豊かな麺が集合!
横浜家系ラーメン竜家・ラーメンあすなろ・金蘭亭・手打ちそば小川屋・祥瑞坊
詳細はおりっぷ2月号で確認!!

労協 北関東NEWS

北関東事業本部11/17~18 リーダー合宿会議開催 in群馬
群馬県太田市藪塚温泉ホテルで開催され、パネルディスカッションでは「地域を知り
地域に呼掛け、地域を動かす」をテーマにそれぞれが地域でどのように根差した活動
を行っているかが発表されました。

お知らせ「Workers被災地に起つ」小山地区での上映間近・乞うご期待

小山市地域包括ケア推進課 NEWS

認知症は何時・誰がと気になる方は「是非予防講演会」へ
3月14日(木) 13:30~15:00 (開場13:00)
会場 健康医療介護総合支援センター  小山市神鳥谷2251-7
テーマ 認知症予防:自分らしく生きること
対象 認知症に関心のある方  定員 120名
講師 金子 昌子氏  (獨協医科大学副学長、同看護学部長)
申込 FAXまたは電話にて 電話:0285-22-9648・9853 FAX:0285-22-9543
主催 小山市地域包括ケア推進課 在宅医療介護連携係

宇都宮大学陽東キャンパス NWES

SYMPOSIUM  地域デザインセンターシンポジューム 地域と共に
学び合い・教えあう関係づくり 日時:2月14日(木) 13:00~16:00
会場:宇都宮大学陽東キャンパス アカデミアホール  対象:一般・学生
定員:200名/参加費無料 申込方法:FAXまたはメールにてお申込下さい
〆切:2月7日(木) FAX:028-689-6237 
Eメール:uu.crd@cc.utsunomiya-u.ac.jp


ボランティア円滑な人間関係構築実践

栃木県社会福祉協議会主催 栃木県ボランティアネットワーク化推進事業(研修)
『ボランティアネットワーク構築の為の円滑な人間関係を構築実践
                    コミュニケーションスキル』

主催:栃木県ボランティア活動振興センター
日時:平成31年2月20日(水)13時30分~16時00分
   (受付13:00~ オリエンティション13:25~)
会場:栃木福祉プラザ 2階「第1研修室」(宇都宮市若草1-10-6)
講師:NLPスクール心につばさを!  代表 細谷 和博氏
対象者:ボランティア活動されている方・ボランティア連絡協議会・中間支援施設
    社会福祉協議会職員・NPO・ボランティア活動に関心や関わりのある
参加費:無料
申込方法:別紙申込書記入の上FAXまたは郵送で2月15日(金)まで
問合せ:栃木県社会福祉協議会 地域福祉・ボランティア課(佐藤・寺澤)
電話:028-622-0525 FAX:028-621-5298

2019年1月24日木曜日

聴覚障害講話

小山市立生涯学習センター
2月3日(日)  14時時~16時 受付13日30分~

講演:大村直人(おおむら なおと)
参加費:会員及び賛助会員  無料
    おやま地区手話サークル  300円
    (小山市・下野市・野木町)
    一般(他市・非会員)   500円
  ※参加申込〆切 1月28日(月)
託児:1人      100円
   兄弟2人以上は  150円
  ※託児申込〆切 1月28日(月)

参加申込・託児申込・問合せ先  FAX及びMailで受け付けます。
0285-37-9102 (FAX 下条)
shi-777@i.softbank.jp   (携帯下条)
shi-777@mtd.biglobe.ne.jp  (PC  下条)

   交流会あります。当日受付   
    

2019年1月22日火曜日

~たんぽぽ通信~

明けましておめでとうございます。皆様今年も良い新年をお迎えの事と思います。
さて、本年は何といっても平成時代の集大成と共に新時代の幕開けとなる歴史に立ち会う年でもあります。私達ナルク小山も歩みだして間もなく20年の年月が経とうとしています。お陰様で多くの皆様のご支援やご参加で日々ナルク小山は成長しています。
今年も変わらずナルクのビジョンである「自立、奉仕、助け合い」を念頭に置き、社会貢献、自己形成の実現を目指して全員で楽しい活動をしたいと思います。
本年も、どうぞよろしくお願いします。
                           代表 内田 邦子

あそぼ~Labo

あそぼ~Labo主催
小山自然育児相談所 伊東厚子先生によるお話
『母乳育児と冬の過ごし方』
小山自然育児相談所 助産師である伊東厚子先生を
特別講師としてお呼びして「母乳育児と冬の過ごし方」
についてお話していただきます。